はちみつパイ
先月から同棲を始めました。
生まれて初めて同棲をしたので、感じたことをメモしと きます。
(ルームシェアしてくらしたことはあるけど、同棲は初 なので…!)


少しゆるく生活する

毎日、家事炊事掃除洗濯を完璧にこなすのは難しいし
相手にそれを求めてしまうと自分も相手も疲れて嫌な気持ちになるし、無理がきます。

なので、「今日はこれとこれを頑張ろう」と二人で決めて
そのタスクを消化したら二人で「よくやったー!がんばったー!」とお祝いす ると、
なんだか達成感があって嬉しいです(笑)


やってくれるのが当り前じゃない

全部家事を自分がやるというのは難しいし、相手に全部任せてたら相手が大変。
なので各々が分担してやるようにしています。

で、分担してるからやるのが当たり前、じゃなくて
やってくれたら「ありがとう」を忘れないように伝えています。

言ってしまえば赤の他人が一緒に生活していて
お互いのために何かやってくれるって嬉しいことだし、
いつもの家事でも、感謝の気持ちを忘れないようにしています。


相手の「お母さん」にならない

相手のためを思って、あれもこれもそれもって思うと
恋人同棲じゃなくていつの間にか相手の母親代わりになってしまう気がす るんですよね。

それぞれ相手に尽くす形はあると思うけど、
私は相手のために何もかも全てやるという形は違うなーと思うので
彼の「お母さん」にはならないようにと思っています。


イベントを作る

今まで少し離れて暮らしていたので、会えるだけでもドキドキ!って感じだけど
一緒に暮らしてたら待ち合わせのドキドキ感とか薄れてきちゃうこともありますよね。。

一緒にいるからこそ、ときどき思いっきりオシャレしたり
特別なことは何もなくても相手の好きなもの買ってきて一緒に食べてウキャウキャしたり
ほんっとにちょっとしたことでも、少しイベントがある と
どきどきを忘れなくていいなーって思いました。


違って当たり前

家族でもないし、恋人同士といってもまだ半年。
まだまだお互いのことを知らないし、言ってしまえば赤の他人。

なので、少し意見が違うことがあっても「違って当然だから、いっかなー」と思っています。

「こんなに大好きなんだから意見あわせろよムキー」と頭ごなしに言っても伝わるわけないし、
なにより気楽に構えると意見がぶつかっても疲れないのでイイです!


「ごめん」より「ありがとう」

例えば、「お皿洗ってもらっちゃってごめん」よりも
「お皿洗ってくれてありがとー!!!!」のほうが
言うほうも言われたほうも嬉しいかなって思っています。

なので、「ごめん」よりも「ありがとう」って笑顔で言うようにしています。
(もちろん謝ることが必要なときは「ごめん」が必要だけど)


それぞれの生活を尊重する

お互い仕事があって、プライベートがあるので
それぞれの生活を尊重したいなーと意識しています。

四六時中彼とともに行動!だとお互い疲れてしまうと思うので
今までと変わらず仕事をして、
友達とごはん食べに行ったりライブに行ったりネイルサロン行ったり
お互いの生活を大事に、踏み込みすぎないようにしています。

ちなみにGoogleカレンダーを共有しているので
お互いの予定がわかるようにしています!
言わなくても見ればいいからこれ便利。

***

初めての同棲が最後の同棲になるといいなぁ。
生まれて初めて同棲をして分かった7のこと | -&- (via jyamil) (via 908908) (via xlheads) (via reaf) (via starcatstar) (via sillat) (via lightsnow) (via gkojay) (via kwanzeoncalling) (via darylfranz) (via mazz-jp) (via trepanger) (via hkdmz) (via aobouzu) (via precall) (via 908908) (via yskz) (via jaguarmen99) (via k32ru) (via scocch) (via takata-japan) (via dranktoomuch) (via ikaikairuka) (via hummer) (via hkdmz)
highlandvalley:

Twitter / TsuyoshiWood: 【漫画日記】なんで? …

ta-tsu-ri:

パイタッチしすぎされすぎぃ!

touch boobs

zenigata:

2chan.net [ExRare]

zenigata:

2chan.net [ExRare]

極真時代の話。


ある時、明らかに場違いな感じの人が入ってきました。



身長は160センチくらい。


体重はたぶん50キロぐらい。


色白で、もやしみたいに細く、たぶん中学3年生くらい。


絶対、いじめられっ子です。







さて、この子が道場に入ってくると、なんとなく、みんなの視線が集まります。


お、今日も来たかって感じで。


練習はまったくついていけず、きつそうです。


でも、なんか毎日きます。。。





そのうち、来なくなるかな~とみんな思っているのですが


むしろ、皆勤賞です。


結構、すぐ来なくなっちゃう人が多いのですが。





そんな彼ですが、組手をやると、やはりどうしようもなく弱いです。


同じ白帯仲間から、ボコボコやられます。


体中、あざだらけのはずです。


でも、やっぱり行くとまたいます。




途中から、なんか応援する気持ちが沸いてきて


練習中も目で追っちゃいます。


彼は、いつも真剣な何かに復讐したいような鋭い目をしています。


きっと、学校のヤンキーに復讐するために強くなろうとしてるのです。


いや、確認はしてませんが。。。




さて、そんな彼が少しずつ帯の色を上げていきます。


確か自分が最後に見た帯は青帯ぐらい。


それから、仕事が忙しくなり、3,4カ月ぶりに道場に行った日に


彼は茶帯でした。


うそ!マジ!


むしろ、先輩じゃん(汗)





そして、ある週末行ったら


なんと、そのいじめられっ子(たぶん)の黒帯試験の日でした。





極真の黒帯は半端無いです。


なぜなら、10人組手を完遂しないといけないからです。


通常、茶帯から黒帯にチャレンジするときに2か月ぐらい独自トレーニングをします。


朝、毎日走ったり、主に10人に勝つためのスタミナ作りに励みます。


自信がなくて、茶帯のまま1年以上ストップしている人も、たくさんいます。




すでに茶帯になっていること自体、めちゃくちゃ驚きましたが


あいつ、勢いのまま、黒帯にチャレンジしやがったなと思いました(笑)


ちなみに、10人全員に勝てないとダメなので


7人目ぐらいの人に負けて、再チャレンジになる人もいっぱいいます。




そして、いよいよそのいじめられっ子(たぶん)が


10人組手にチャレンジする番になりました。


その日は、2人が黒帯に挑戦していて、1人目の人はダメでした。


何十人という厳つい男達全員で丸く囲み


その中央に、そのいじめられっ子(たぶん)が一人立ち


師範が、○○!! 


押忍!! 


といって、次々に強い人達がいじめられっ子(たぶん)に立ちはだかります。





この10人組手の一つのポイントは


とにかく負けなければいいのです。


といっても、休み無しで10人×3分=30分。


闘い続けなければいけません。


相手も本気で向かってくるので、これは並たいていのことでは完遂できません。


要するに、気合根性が30分持つかの挑戦なのです。


(ちなみに、相手を倒せれば、すぐ次の相手にいけます。

 フランシスコ・フィリオの100人組手をビデオで見ましたが

 相手の半分ぐらいは30秒で倒してたので、100人組完遂した時、涼しい顔をしていました。

 通常100人組手は終わった瞬間、そのまま、救急車で病院に運ばれます。)





そのいじめられっ子(たぶん)は、ずっと相手に押されまくっていますが


それでも、すごい気合で、まったく後ろに下がりません。


もう自分でも何を叫んでいるのか解らないような状態で、5人、6人と進みます。




丸い壁の中にいた私の方に、彼がよろけてきました。


それを私は、「あと4人だ~」とか叫びながら


中央に押し返しました。


その時の彼のは今でも忘れません。


溶鉱炉のように熱かったです。





ものすごい汗。真っ赤に染まった肌。異様に光る目。


7人、8人と進みます・・・


もしかして、最後まで行けるかも(汗)




道場にいた全員が、そう感じ出し


すごい声援が大声で飛び交います。




あと2人だ~!!!


根性~!!!




いじめられっ子(たぶん)が叫びます。


押~忍!!!




うわ!!まだ心折れてね~!!


もういつ倒れてもおかしくない姿をさらしながら


彼は、それでも下がらずに闘い続けます。




9人目も耐え抜きました・・・・




師範が叫びます。


○○!!!



押~忍!!!




黒帯のつわものが最後にまた立ちはだかります。


相手をする方も、彼を応援する気持ちがあっても、手を抜けません。


渾身の力で、突き、蹴りを繰り出し続けます!!!




彼が咆哮をあげます。


うお~~~~!!!




私の目から、ぶわっと涙が出ます。


彼を囲んだ男達の半分ぐらい泣いてます。




彼が最後の力を振り絞って、さらに前に行こうとした時


師範が、「そこまで!」と叫びました。








ハアハア、ゼエゼエ・・・・









静まり返った、道場に彼の呼吸音だけが大きく聞こえてきます。





ひざに手をやって、それでも、最後まで彼は倒れません。


もう終わったのだから、倒れてもいいのに・・・・・






滝のような汗を流しながら







ハアハア、ゼエゼエ・・・・








師範が静かに言いました。




合格だ。




師範はそのまま、何も言わず背中を向けて去っていきました。




その瞬間、静かに見ていた道場の仲間全員が


彼を支えようと、中央の彼に飛びつきました。。。。









その後、彼は黒帯としてクラスをいくつか受け持つようになります。


彼は、その道場での白帯から黒帯までの、最短記録を作ったようです。


新しく入ってきた人は、当然のように、強くてかっこいい、その黒帯を憧れの眼差しで見つめます。


顔が引き締まり、体も大きくなり、教科書通りの黒帯です。






彼は一年前、いじめられっ子(たぶん)だったと言っても信じないだろうな・・・
error888:

Ayami Kojima : Black Jack « mrmarkrobson
ちょっと怖い話するっす
1人暮らしの学生が帰省から二週間ぶりに自分のアパートに戻ったっす
そこには主のいない部屋をしっかり涼しくしてくれていたエアコンの姿が
エアコン事件を乗り越えた1人暮らしの学生が今度はちゃんとブレーカーを落として帰省したっす
二週間後、自分のアパートに戻るとそこには涙で床を濡らす冷蔵庫の姿が

k-nakama:

田無神社…。



仕事場から近い割りには、
なかなか行く機会がなかったのですが…。

この拝殿は、明治8年に、
地元の大工によって完成されたのだそうです…。

明治初期にあってもなお、
江戸の大工技術が、地域においても、
高い水準に保たれていたことを示す、
気迫と技量を観ることが出来る貴重な建築で、
東京都指定有形文化財にも、
なっているのだそうです…。

改めてよく観ると、なるほど、
本当に、精緻に出来ています…。



こうなると、

普段は隠されている、
「天才・嶋村俊表の彫刻」の神髄という、
http://tanashijinja.or.jp/shimamura.html
本殿の方も、是非、

観てみたくなりました…。



年に一度、特別拝観の日があるみたいなので、

今度、是非、行ってみよう、と思いました…。